タイムシェアを活用

1週間の贅沢を味わおう

ハワイやグアムに旅行に行くとデューティーフリーショップで一度は声をかけられたことがある方が多くいると思うのですが、タイムシェア物件という言葉を聞いたことはありませんか。 一年を52週に割って7泊分の宿泊の権利を買う制度です。 ヒルトンの場合はポイント制なので、購入したホームウィークでなくても自由にグレードや期間を変更することが出来ます。 ホームウィークというのは自分が買った週、あるいは自分の買った週を含む決められた期間のことです。 別荘というととても高価で手が届かないイメージがありますが、欧米ではタイムシェアという制度で気軽に週単位で持てる別荘としてとても人気があるそうです。 休暇が少ない日本人でも1週間という短い期間なら、と購入を決める方もいるようです。

管理費や運営費は購入費用とは別

理想のタイムシェアで念願の別荘を購入するだけで利用できるのでしょうか。 タイムシェアを購入する際に必要な費用は、もちろん別荘として使用する物件代金です。 しかし物件を維持し、利用するためには年会費や管理費、タイムシェアの運営費、日本と同じように固定資産税など意外とお金がかかるものです。 説明会に行く際の条件が年収750万円以上の方を対象としている理由がよくわかります。もちろん夫婦合算でも構いません。 購入費用だけで一生使える別荘だと思って購入を決めた後、もろもろのその他費用が毎年かかると知り、売却する方も多いようです。 しかし実際リセールとなると価格がかなり安かったり、売れなかったりと苦労する場合もあります。 タイムシェアはとても手軽で魅力的な別荘ですが、きちんと確認して納得して購入を決めないと悩みの種になることになるので注意が必要です。

手数料を節約する

つながる住宅街

住宅を購入する際にお世話になるのが不動産仲介業者です。住宅をより安価に購入するためには、不動産業者の選択も非常に重要なポイントです。不動車ん業者の中には、仲介手数料無料というサービスを行っているものもあります。

Read More

ネット活用で理想の家

太陽光発電を備えた住宅

転居の際に重要なのがインターネットの活用です。特に他県などに移り住む際には、不動産会社がカバーしきれない範囲の賃貸情報を確認するため、インターネットによる不動産探しが重要なのです。

Read More

不動産会社の活用

並ぶ家の模型

不動産を購入する際、利用するのが不動産会社です。不動産会社では、不動産に関する様々な情報を取り扱っているからです。不動産会社に住宅購入の仲介を依頼する際には、電話や電子メールを活用することができます。

Read More

のびのびと生活

カーテンを開ける女性

住宅に住む際、大きな2つの選択肢が存在します。一つはマンションです。マンションの場合、入居にかかる費用が少ないなどの利点があります。もう一つの手段が一戸建てで、一戸建てには周辺環境への配慮の低減などのメリットがあります。

Read More